アーカイブ | 10月 2016

  • アフターピルと骨盤と脱水について

    アフターピルは、女性の方が男性と性交渉をした際に、避妊をしたにも関わらず、それが失敗してしまった際に、薬を服用することで、妊娠を回避できる方法の薬となっています。 このアフターピルは性行為を行った後に出来るだけ早く、72時間以内に服用を行い、その12時間後に再度2回目の服用行うことで、妊娠の可能性、確率を下げることが出来るとされており、上記のように服用した場合には、ほぼ0パーセントに近い形での、避妊率となります。 ただ、0パーセントではないため、万が一には、妊娠してしまう可能性もゼロではありません。 このアフターピルですが、副作用が酷いものとされており、酷い吐き気や頭痛、めまい、そして、あまりにも体が重い倦怠感、下腹部の強い痛み、骨盤付近の酷い痛み、腰の痛み、酷くイライラとした気持ち、体のむくみなど、色々な辛い症状が女性の体には出ます。 また、上記のような胃痛や腹痛、下痢などから、食欲が全くなくなる人もいるため、中には脱水症状を起こしてしまう人もいるほどです。 また、上記のように、倦怠感が酷いため、ベットから起き上がることが出来ない、そして骨盤付近が異常に痛い、腰通が激しく、歩くことさえ困難である、このような症状も出てきます。 上記のように脱水症状が出てしまうほど、胃痛や吐き気、食欲不振が大きい人がいる一方で、個人差があり、急激に食べ物を食べたくなってしまい、体重が驚くほど増加する、このような傾向が見られる人も中にはいます。 ただ、多くの人の場合、上記のように、アフターピルを飲むと女性ホルモンのバランスが崩れることから、異常なまでに疲れや倦怠感、イライラ感などが出て、同時に胃痛や吐き気に苦しむことがとても多いです。