アフターピルと長期と理由について

アフターピルは、性交渉を行った後の妊娠を防ぐための避妊薬であり、万が一に妊娠をしてしまった可能性が高い時に、女性が出来るだけ早く、可能であれば24時間以内に服用を行えば、妊娠する確率はおおよそ0.5パーセントと言われているほど、効果が高い薬とされています。

ただ、このアフターピルには、副作用がつきまとってしまい、理由としては、このアフターピルが、女性ホルモンと関係があるものであり、女性ホルモンの調整などを行うことで、受精卵の着床を止める役割を担っているため、女性ホルモンのバランスが体の中で崩れるため、長期にわたって、個人差もありますが、酷い副作用が出るケースがあります。

例えば、吐き気、めまい、頭痛、腹痛、酷い倦怠感、イライラとした気持ち、このような酷い症状が長期にわたって出てしまうため、アフターピルを使う時には、それなりの覚悟が必要であり、男性は、コンドームをしっかりと装着するなどして、このようなピルに女性を頼らせないように、配慮をしてあげることも、とても大切です。

アフターピルは、緊急避妊薬と呼ばれているように、服用をする場合は、しっかりと医師の説明をきき、自己判断で薬を増やしたり減らしたりすることは控えてください。

また、上記のように用法・用量をきちんと守ることがとても大切であり、あまりにも吐き気や、頭痛、胃痛、お腹の痛みなどが酷い場合には、アロマテラピーなどのリラックスできる方法を、行うことも、少しだけリラックスできる方法としてはお勧めです。

また、あまりにも胃痛や吐き気が酷い場合には、医師の先生にお願いをすれば、そのような吐き気止めの薬を出してくれる場合もあるため、お願いをしてみることも一つの手です。