アフターピルと血圧と着床について

アフターピルは、性交渉を行った後の、万が一の時の妊娠を防ぐための避妊のためのお薬です。

万が一に、避妊を行わずに性交渉をしてしまった場合には、かなりの確率で妊娠する確率が高いものです。

また、性交渉を行う際に、しっかりと避妊をしていた場合でも、万が一の場合に、コンドームが外れてしまったなどや、コンドームが破れてしまったなど、このようなことが起きてしまった場合には、膣内に精子が入り、受精卵となってしまうことがあります。

妊娠を望んでいるカップルや夫婦の場合であれば、これはとても望ましいことですが、妊娠を望んでいない場合には、このままにしておくと、受精卵が女性の体に着床をしてしまうため、当然、妊娠になってしまい、赤ちゃんが出来てしまう形になります。

そのため、妊娠を望まないのであれば、性交渉を行った後、出来る限り早く、可能ならば24時間以内にアフターピルを服用することで、高確率で避妊をすることができます。

ただ、アフターピルには、副作用がつきまとうものであるため、女性にとっては、かなり体の負担も大きいものとなります。

主に副作用としては、めまいや下痢、腹痛、お腹の痛み、便秘や酷い倦怠感と同時に、体重が急激に増加するケースもあります。

また、逆に、上記のようなめまいや下痢によって、または胃痛などが激しい症状などが出る場合もあり、そのような場合には、逆に体重が減る場合もあります。

また、副作用として血圧が上昇することなどもあり、アフターピルを飲む前はこのようなことはなかったものの、アフターピルを服用してから、上記のような、酷い倦怠感や血圧の上昇など、またはめまいやふらつき、イライラ感が酷くなってしまった、このようなケースがとてもたくさんあります。